投資信託アドバイザー

投資信託アドバイザー

信頼を得ることが大切

投資信託アドバイザーとは?

株式の投資をするお客様に対して、買い付けなどのアドバイスを行う仕事です。
証券会社の社員として投資信託アドバイザーをしている人もいますが、個人事業主として投資信託アドバイザーとして活動を行っている人もいます。
投資信託アドバイザーは、資金運用に直接関わるアドバイスを行う仕事ですので、トラブルが起きやすいため信頼と実績に加え、お客様の立場を考えアドバイスを行わなければならない難しい仕事です。

 

自分の知識を生かすことが出来る

投資信託アドバイザー

「利回りについて保証します」とか「絶対もうかります」などといったアドバイスを行うとトラブルになってしまいます。
投資信託アドバイザーは、ほとんどの人が元銀行員だったり、証券マンだったりと知識を備えている人が多いでしょう。
小売業などと違って、仕入れをしなくても自分の知識さえあれば始める事ができるので、すぐに始めようと思ったら始めることができる仕事です。
特に銀行や証券会社に勤めていた人が定年退職されて、自分の知識を生かす仕事として始める人が多いです。

 

実績と顧客との信頼が重要

実績と信頼が必要な投資信託アドバイザーですので、信用を得て軌道にのることもなかなか難しい仕事ですが、経費がほとんど必要なく収入を得る事ができる仕事になので、お客様を持つことができれば、利益を安定してあげることができる仕事です。
あくまでも、自分の知識を強制的に売り込むようなことは絶対に注意しないということを気を付けなければいけない職種であります。


ホーム サイトマップ