ソフト開発

ソフト開発

個人事業主で活躍するエンジニア

ソフトウェアの開発は多種多様に広がっています。
開発から製品になるまで長期に渡るソフトウェア開発だったり、ソフトウェアの原本を開発をした後に大量に複製をすることで製品化をしていくソフトウェア、ソフトウェアの請負先から直接注文を受け開発するソフトウェアなどがあります。

 

情報保護の強化によって難しい立場に

ソフト開発

個人事業主としてソフトウェア開発業務を行っている人も多くいます。
以前は、個人事業者にソフトウェアの開発を委託する会社が多くあり、需要も多くありました。
しかし最近は、個人情報保護や機密情報保護などといった情報の保護の強化が強くなる傾向が世間一般にあり、
会社であれば個人情報の取り扱いを適切に行っている体制を整備しているということを示すプライバシーマーク制度によるPマークの取得、情報セキュリティをしっかりと行っていることを示すISMSを取得することができるので、個人情報の管理をしっかりと行っている事をアピールすることができます。
その点が個人事業主ではできることが少ないため、今の情報管理保護の強化が叫ばれる中では、個人事業主の立場が難しくなっている部分もあります。

 

ですから個人として直接ソフトウェアの開発を売り込むだけでなく、ソフトウェア開発会社の外注として業務を委託され仕事をすることがやりやすいでしょう。
ただし、外注としての業務なのでそのソフトを直接販売し利益を得るのは外注先になってしまうというデメリットもあります。


ホーム サイトマップ