マーケティングリサーチ

マーケティングリサーチ

対象地域で訪問調査

個人事業主の仕事の中にマーケティングリサーチをして活動をしている人がいます。
総務省や県からの依頼で特定地域を回り調査を行うお仕事です。
日経リサーチなどといったリサーチ専門の会社がいろいろな調査を行っています。

 

訪問調査は怪しまれることも

マーケティングリサーチ

例えば、ここの地域の人がどのくらいの地点で日常の買い物をするのかということを調査をし、そのことを活かして、どのような場所にショッピングモールが必要なのかということの材料にしたりしています。
最近は、個人情報が厳しくなり、住所や氏名をわかった状態で訪問すると、なぜ自分の名前を知っているのかということを疑問視する声も多く聞こえたりします。
けれど、国での調査であれば、市町村で住民基本台帳を移すことができる事を説明をし、
対象者に調査の依頼を行います。
突然、訪問して調査を依頼を行わなければいけないことも多いため、難しいこともあります。
特に最近は、マンションも多いため、オートロックのマンションであると、居留守をつかわれる場合もあります。
しかし、国の調査として名札をつけて訪問することで協力をしてくれる人も多くみられます。

 

雇用は業務委託が中心

依頼する会社によっては、契約で報酬に源泉所得税を差し引いて支払ってくれる会社もありますが、ここ最近は、業務委託として非課税の状態で支払われることが多いです。
さらに、調査に必要だった交通費、電話代、コピー代などは支給されます。
調査期間であれば、いつでも調査は可能なため、自分の都合に合わせて、活動ができるのもこのマーケティングリサーチのメリットです。


ホーム サイトマップ