観光ガイド

観光ガイド

資格を取る必要がある

ここ数年、特に中国からの旅行客が増えてきた中、観光ガイドの役割が重要視されてくるようになりました。
実際には、旅行会社の社員として観光ガイドを行っていたり、観光地だとお客様がタクシーを貸し切って、タクシーも観光地を案内しながら回っていたりというような人がほとんどで、個人事業主として観光ガイド業務を行うには数々の資格をとらなければ営業をすることができません。

 

報酬を得るには資格が必要

観光ガイド

資格を持たずに自分の車で案内をし報酬をいただくという事は、いわゆる資格を持たないタクシーと同じで白タクと同じような扱いになってしまいます。
まずは、「添乗員資格」を取りましょう。外国人を案内するならば「ツアーガイド」の資格が必要です。
また、「旅程管理主任者」の資格を得る事で、ホテルや旅館、交通手段やレストラン、観光地などの手続きを行い報酬を得る事ができます。
需要が高まっている中国の方や外国人の方を案内する場合には、「通訳案内士」といった資格も取る必要があります。
通訳案内士は、外国人の方に付き添って、観光地などを案内することができる資格にです。
そしてその資格を持つことによって報酬を得る事ができるようになります。

 

ボランティアという手段もある

すべてにおいて、勝手に報酬を得てしまうと違法になり、罰せられてしまうため注意が必要です。
個人で観光ガイドを行うにはとても難しく、なかなか需要もつかない状況になります。
まずは、観光地のボランティアとして始めることも観光ガイドとして事業を始めるきっかけになります。


ホーム サイトマップ