インストラクター

インストラクター

需要が多い分野

インストラクター

インストラクターといっても、様々な業種があります。
スポーツ関係、ダンスやヨガなどといったもや、リトミック、ピアノなど音楽関係のインストラクター、パソコンのインストラクターもあります。
インストラクターは講師という立場になります。
カルチャーセンターなどで教えている講師は、講師料としてカルチャーセンターから報酬を貰っています。
その際に、源泉所得税を差し引かれて報酬を得ているので、自分は個人事業主ではないと思っている人もいるかもしれませんが、給与報酬を得て業務を行っているのではなく、報酬を得ているので個人事業となります。
その場合、たとえ源泉所得税を払っている事になっていても確定申告でそれまでの交通費なども経費として計上することができます。

 

インストラクターの活躍場所は広い

インストラクター

インストラクターは様々なところで活躍をすることができます。
先に述べたカルチャーセンターでも教える事が可能ですし、自宅で教えることもできます。
また、市町村の施設などを借りて、教室を開いて教える事もできます。
このように、今はインストラクターの活躍する場所がとても多くあるのです。
特に、子供に何か習い事をさせたいと考えている親はとても多いのが現状です。
子供たちにスポーツを教えたり、習字を教えたりといったようなインストラクターは常に需要が多いです。
ママ達の会話の中ではあっという間に、口コミは広がりますから、子供が多い地域では子供に教えるインストラクターを目指せば成功することが多いです。


ホーム サイトマップ