翻訳家

翻訳家

語学だけじゃない翻訳のプロ

翻訳というと、本などの文芸作品しか思い浮かべることができません。
それだけでは翻訳の仕事は少ないように感じてしまいます。
ですが実は、本や出版物などの翻訳だけが翻訳家の仕事ではありません。
様々な分野で個人事業主として活躍する翻訳家の方がいます。

 

IT系から医療まで、活躍の場は幅広い

翻訳家

映像翻訳という映像のものの翻訳、もっと多い需要は実務翻訳といったコンピュータやパソコン関係、WEB関係の翻訳があります。
業務上必要な翻訳の仕事は需要が多くあります。
他には医薬翻訳家といって、薬学に関する翻訳はとても需要があります。
けれど語学だけでなく、薬学に関する知識も必要になってくるので、需要はありますが狭き門になっています。

 

翻訳家になるには、もちろん語学がしっかりできる事が前提とされています。
大学までの一般的な英語でしか勉強をしたことがないとしても、翻訳家になろうと決めて英検などを初めから勉強をしていくことで、
翻訳家になる道筋をつくることができます。
また、英語だけでなく、中国語などもとても需要が高まっています。

 

翻訳の基礎はどこで学べる?

翻訳家

通信講座でも翻訳を学べる講座があるので、翻訳の基礎を学ぶことができます。
語学に自信があったとしても、翻訳の基本的な事はわからないですよね。
通信講座だけでなく、翻訳スクールといった教室も開かれていて、実際に翻訳事務所を開いている講師が講座をしてくれノウハウを教えてくれるので、学ぶことも多いでしょう。
そういうスクールも利用していれば、翻訳家としての仕事を講師から受ける事ができたり、翻訳の仕事の人脈も広がることになるでしょう。
ただ語学が得意だからと始めた人よりは長く信頼のおける翻訳家になることができるようになります。

語学の知識はもちろん、人脈作りも重要なポイント


ホーム サイトマップ