在宅秘書

在宅秘書

個人事業主のパートナー

個人事業主として在宅秘書を行う人もいます。
在宅秘書在宅で仕事をするというと、データ入力だったりいわゆる内職という仕事しか思い浮かばないですよね。
最近は、普通は会社で行う帳簿づけや入金確認といったものを在宅で行ってもらう在宅秘書というサービスがあります。

 

在宅秘書はコスト削減にも貢献している

ここ最近は、一人で起業をしている起業家の人もとても増えてきました。
業績が上がり仕事量が増える一方、基本的な業務まで手が回らないといった事も多いでしょう。
そこで着目されたのが、在宅秘書なのです。
何も在宅でなくても一人社員を雇えばいいのでは?と思うかもしれませんね。
でも一人で起業をしている人はオフィスを持たず、自宅で仕事をしている人も多くいます。
オフィスを借りるとなると家賃が発生し、10万円くらいは経費がかかってしまう場合もあります。
また、自分ひとりで行っているため、決まった時間に出勤をするという事を嫌がる人も多くなっています。
在宅秘書ならば、その社員も在宅ですから、出勤をする必要もありませんし、その出勤の交通費を支払う必要もありません。
そういったメリットが在宅秘書にはあります。

 

具体的な仕事内容は?

在宅秘書

では在宅秘書はどのような仕事を自宅で行うのでしょうか?
忙しい起業家にかわって、メールでの返信やメルマガなどの更新をおこなったりします。
または、代わりに入金確認や帳簿の記帳なども在宅で行ってもらったりします。
毎日の基本的な業務にはなりますが、なかなか忙しいとできない事も多いので、それを代わりに行ってもらえると、新しい商品の開発や営業に費やす時間を多く持てるため、在宅秘書はメリットが多く注目を浴びているのです。


ホーム サイトマップ