低金利で融資を受けるには

低金利で融資を受けるには

日本政策金融公庫は民間の金融機関と比べて低金利

個人事業主が借入れをする場合にはいろいろなケースが考えられますが、事業規模が大きいわけではなくて借入れが必要であるときには、なるべく金利も低く抑えられた方がいいはずです。
少しでも低金利の条件で借入れるためにはどんな方法があるのでしょうか。

 

日本政策金融公庫

低金利で融資を受けるには

日本政策金融公庫にはさまざまな融資事業が用意されていて、起業からの経過年数や事業形態によって利用できるものが違ってきます。
いずれの場合にも民間の金融機関と比べて金利は低く設定されていて、最大で3パーセントを少し上回るくらいですが、返済期間の設定などの条件によっては1パーセント以下のものもあります。
担保や保証人についても借入れる金額によって不要になるものもあるので、借りられる総額や借りやすさも合わせるとやはり一番に検討したいところでしょう。

 

地方自治体による制度融資

他にも同様の低金利で借りられるのが地方自治体による制度融資を利用することであり、最終的には民間の金融機関から融資を受けることになりますが、金利の一部を自治体が負担するので、実質的な金利負担は日本政策金融公庫から融資を受ける場合とほぼ同じレベルだと言えます。

 

総合支援資金を利用するという手も

事業への投資ではなく、経営がうまくいかないことによって生活費に困っているというようなケースであれば、社会福祉協議会で行っている総合支援資金という制度を利用することも選択肢です。
これは生活に困っている人を支援するためのものなので、事業資金だけではなくプライベートな部分での預貯金も枯渇してしまった時に生活費の支援として利用すべきものですが、それだけに金利も低く抑えられていて、条件しだいでは無利子で借りることも可能ではあります。ただし、出来ればここを利用する前に出来るだけ事業を好転させておきたいものです。

関連ページ

個人事業主が資金繰りに困ったら
どこから借りるか
都道府県や市区町村の融資制度
審査では何を見られている?
賢い返済計画の立て方
即日融資を受けるには
銀行に借入を断わられたら
無担保・保証人なしでの借入
ローンは「借金」だから怖い、という方へ
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どうしても資金調達ができない。そんなときは?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ