審査では何を見られている?

審査では何を見られている?

記載内容が真実であるのかどうか、それに加えて信頼できる人間であるのか

書類は正確に記入する

審査では何を見られている?

お金を借りようとしたときには、それがどんな組織からであろうとも、必ず審査を受けることになりますが、審査ではどんなところを見られるのでしょうか。
まずひとつには、提出する書類に間違いや嘘がないかを確認されます。
借入れの申込書や事業計画書など、少々面倒な書類をいくつか提出することになるのですが、それらが本物であるのかどうか、記載内容が真実であるのかどうかは貸す方にとっても大変重要な問題です。
内容に虚偽や不足があればもちろん信頼されなくなってしまい融資は受けられないでしょうが、わざとではないミスであっても内容によっては借入れを難しいものにしてしまいます。
提出する書類は正確に、事実に漏れが無いように作成しましょう。

 

使用目的には設備投資と書くのがベスト

記載した内容ではどんなところがチェックされるかといえば、借りたお金をどんな目的で使用するのかという点がスタートになります。
一般的には固定資産などへの設備投資であれば借りやすく、その他の運転資金の場合は借りにくくなります。
これは、設備への投資であれば最悪でもその設備そのものを差し押さえられるのに対して、運転資金ではそれが出来なくなる可能性が高いためです。

 

返済計画で人柄も見られている?

審査では何を見られている?

そして、返済計画を含めた今後の事業プランが現実的で無理がないものであるかということも確認されます。
融資を受けることによってこれだけの売上増加が見込めますと説明してあっても、その内容が非現実的だと判断されれば貸す側にとっては不安材料になってしまいます。
何よりも、きちんとした計画を立てることが出来る誠実な人間だと思ってもらえなければ、同じ人間である審査する人から信用されません。
融資の審査では結局は信用していいかどうかを見られるので、とにかく信頼に足る人間であることをアピールしなくてはならないでしょう。

関連ページ

個人事業主が資金繰りに困ったら
どこから借りるか
都道府県や市区町村の融資制度
賢い返済計画の立て方
低金利で融資を受けるには
即日融資を受けるには
銀行に借入を断わられたら
無担保・保証人なしでの借入
ローンは「借金」だから怖い、という方へ
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どうしても資金調達ができない。そんなときは?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ