どこから借りるか

どこから借りるか

信頼度が低く融資が受けづらいが・・・

個人事業主はどこからお金を借りているか

どこから借りるか

個人事業主は基本的に会社組織と比べれば金融機関からの融資が受けづらい存在です。
これは、単純に個人の方が世間的な信頼度が低いからだと言えます。
しかし、当初の設備投資や開業資金などでどうしても手持ちの資金だけでは不足することも十分に考えられるので、どこかからお金を借りないと事業が動かせないということも珍しくはありません。
個人事業主で融資を受けている人はどういうところからお金を借りているのでしょうか。

 

一般的なのは日本政策金融公庫

個人の事業主や中小零細企業にとって借入を考えるときに最も一般的なのが日本政策金融公庫でしょう。
さまざまな種類の融資制度が用意されていて、事業の種類や状況などによって受けられる金額もいろいろあります。
制度によって対象となる事業者や資金の使い道などに制限があったりもするので、まずは窓口で自分の事業の状況を説明したうえで相談するのがよいでしょう。

 

民間の公共団体は金利が高い傾向も

どこから借りるか

また、地域の商工会議所では会員事業者への融資制度の斡旋を行っています。
日本政策金融公庫のほかにも、自治体が行っている制度融資なども紹介していて、ここでもまずは相談してみるのがいいかもしれません。
なお、民間の金融機関でも事業主に向けた貸付サービスがあり、都銀や地銀などのほかにも消費者金融でもお金は借りられます。
ただし、民間の場合は公共団体系の制度融資と違い、金利が高く設定されていたり、保証人や担保物件についても厳しく要求されることもあるので、返済に向けてのより一層の計画をきちんと立てたうえでなければリスクが大きいとも言えます。
最も安全なのは家族や親戚から借りる方法ですが、これは気持ちが緩んでしまう為か、返済が滞ってしまって不仲になるという話も少なくないようです。

関連ページ

個人事業主が資金繰りに困ったら
都道府県や市区町村の融資制度
審査では何を見られている?
賢い返済計画の立て方
低金利で融資を受けるには
即日融資を受けるには
銀行に借入を断わられたら
無担保・保証人なしでの借入
ローンは「借金」だから怖い、という方へ
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どうしても資金調達ができない。そんなときは?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ