賢い返済計画の立て方

賢い返済計画の立て方

返済計画は事業計画の一部

返済計画は事業計画の上に作られる

賢い返済計画の立て方

個人事業主が融資を受けたものを返済していくとき、そのための計画の前提となるのは事業そのものの計画になります。
規模の小さな事業主であれば年間の事業計画などを立てないのも一般的ではありますが、きちんとした返済をしていくためには事業の計画もちゃんと立てておきましょう。
返済計画はその上に作られるものですし、融資をしてくれる機関の審査を通すために必要とされることも少なくありません。

 

出て行くお金を把握する

賢い返済計画の立て方

事業計画に必要な情報は、売上の目標とともに、それを実現するために必要になってくるいろいろな出費に関するものです。
どんな目的でどんなところにどれくらいの費用が必要になるのかというもので、これに漏れがあれば想定していた利益を上げることが出来ずに返済計画に破綻が生じます。
想定外のマイナスはそれ自体がトラブルなので、事前に必ず全てを洗い出しておくようにしましょう。
事業の現場では意外な出費があるのが常なので、事業主としての先輩が身近にいるようならば、アドバイスをもらうのもいいかもしれません。
なお、出ていくお金の洗い出しの中には、他に借入れがある場合の返済も忘れずに入れておきます。
事業計画の損益の見積もりが出来たならば、その中から自分が生活していくための費用を引いて、返済できるだけのお金が残っているかどうかを確認します。
ここであまりにぴったりの設定だと万が一のときに資金を回せなくなってしまうので、いくらかの余裕をみておくことも必要です。
出来れば少しでも貯蓄に回せる分が残っているのが理想的で、ある程度の余剰が貯蓄に出来た時には返済の前倒しも検討できます。
どんぶり勘定や夢物語のようなものではなく、地に足の着いた現実的な収益のプランこそが、賢い返済計画への第一歩になるのです。

 

現実的な収益のプランが賢い返済への第一歩

関連ページ

個人事業主が資金繰りに困ったら
どこから借りるか
都道府県や市区町村の融資制度
審査では何を見られている?
低金利で融資を受けるには
即日融資を受けるには
銀行に借入を断わられたら
無担保・保証人なしでの借入
ローンは「借金」だから怖い、という方へ
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どうしても資金調達ができない。そんなときは?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ