個人事業主の税金について

個人事業主の税金について

しっかり申告することで節税に

税金払わなきゃ

税金の負担は避けられない

個人事業主として収入を得ている人は税金を払う義務があります。
どのような税金が個人事業主に課せられるのでしょうか?

個人事業主が支払う税金

@申告所得税【国に納める税金】

会社から給与としてもらっている人は、給与から差し引きをして所得税として税金を払っています。
開業届を税務署に出さずに収入を得ている人は、そのままの収入を申告して税金を払わなければいけません。
開業届を出して個人事業を行っている人は売り上げから、経費を差し引いた利益を課税分として計上して確定申告をして申告所得税を納めることが義務付けられています。

 

A個人事業税【県に納める税金】

確定申告を行った後、個人事業税が発生した場合に税務署から各県税事務所に通知がいきます。
事業税が課せられるのは、確定申告の決算書を書いた時に「青色申告特別控除」という控除を控除する前の課税所得金額から、事業税の控除として290万円を差し引いた額に、税率5%を掛けたものが個人事業税となります。

 

B住民税【市や県に納める税金】

給与を貰っているサラリーマンも所得税と同時に給与から市民税も差引されていますよね。
それと同じように個人事業主にも市民税が課せられます。

 

C消費税

物を購入するとき、消費税が消費者に課せられています。
その売り上げた時にいただいた消費税から経費の時に支払った消費税分が消費税として払わなければいけなくなります。
但し、消費税は売り上げが1000万円を超えた場合に課せられます。ただ、初年度に売り上げが1000万円を超えたら3期目に消費税が課せられることとなります。

 

以上が個人事業主に課せられる税金です。
税金を計算するにあたって、しっかりと経費を計上し、損益をわかるようにしておく経理が必要となってきます。

 

しっかりと経費を計上し損益の管理を徹底!

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ