個人と法人の違い

個人と法人の違い

金融機関からの融資は難しい

ノートとペン

このことは個人事業でビジネスを持っている人には重要なことです。

独立、開業を考えている方には、まず考えなくてはならないのが個人事業主としてやっていくか、法人として経営していくかということです。

個人事業主か?法人にするべきか?

また長い期間、個人でやってきた人は法人として組織にするのかを悩むことがあります。

専門的な弁護士や税理士に相談することで、あなたにとってどちらがいいのかをアドバイスしてもらうことができるのでおすすめです。

その際には事業の実態や、規模、事業としての将来を見据えたプランが求められるでしょう。

個人事業主の開業

まず設立の手続きですが、個人事業主の場合は届出だけで事業を開始することができます。

法人の場合には設立費用がかかり、約21万円を支払う必要があります。

信用力についても先に述べた通り、相対的に低くなるのは否めません。

しかも法人でないと取引が限定される場合もあります。

ですから、信用力の面について考えると、法人化という選択にメリットがあります。

信用力の面で法人が有利

個人事業主の資金調達について

資金調達の面でも大きな違いがあります。

この部分では、個人事業主と法人の違いがはっきりと影響してしまいます。

個人事業主は資金調達が厳しく、金融機関からの融資は受けることが難しいのです。

それに比べ、法人は金融機関からの融資の際、比較的有利に資金調達を行うことができます。

個人事業主のリスクと資金

個人の方は事業がうまくいかない時にはすべての負債を自分が責任を持って支払いをすることが義務付けられます。

法人では資金調達が個人よりも信用度の高い分、比較的容易に行うことができます。

さらに株式会社なら株券発行をすることが可能なので、資金調達をする際は法人の有利といえるでしょう。

資金面では節税についても差が出ます。

個人の場合には節税が難しく、一定以上の利益が出ると税率が高くなる傾向があります。

税金対策なら法人が有利

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ