資金面でのデメリット

資金面でのデメリット

個人事業主は収入が不安定という評価を受けがちである

ノートとペン

個人自営業主のデメリットはありますが、まずは上場ができないことがあります。

株式会社ではないので投資を募ることができず、株式投資を行ってくれる方はいません。

資金調達の際にも銀行からの融資の場合には融資をしてくれる可能性が株式会社よりも少なく、知名度が低い点などもデメリットのひとつです。

大きな取引には向かないことが多い

例えば、求人を募集した時に株式会社よりも募集が集まらない可能性が高いです。

また、取引先との信用問題を上げることできず、個人事業主とは大きな取引をしたがらない点を上げることができます。

資金繰りは法人のほうが良い店や、「社長」の名称を名乗ることができず「代表社員」となり、社長ではない点などがマイナスポイントになるかもしれません。

デメリットは、このように取引の際に相手が不安になることです。

個人事業主は信用を得ることが大切

上手な資金調達を

事業資金を調達するには、カードローンやキャッシングなどを利用することで問題なく会社の資金を調達できますが、そうでない場合には事業資金を調達することは難しくなります。

キャッシングは申し込みして審査が通れば誰でもいつでもお金を調達することができるので助かります。もちろん個人事業主でもOKです。

また個人事業主は国内でも増えています。株主総会などをやらないでいいということや、会社を経営していく上で面倒なことが少ないなどもその理由としてあげられます。

個人事業主は投資家からの増資や資金調達は向いていないということも実状です。大きく事業拡大を考えている方や法人設立による節税をしたい方には個人事業主用のカードローンはおすすめです。

資金面では仕事の内容や収入によって、このことを考慮して資金調達をすることが出来れば問題ありません。

銀行以外の金融機関で個人事業主への貸付を行っているところもあります。

大きな資金を得ることは難しいが、手段はある

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ