還付金はどのくらい戻ってくる?

還付金はどのくらい戻ってくる?

還付金はどのくらい戻ってくる?

個人事業主の方は毎年確定申告をして、足りなかった税金を納め、また払いすぎた税金の還付を受けます。
確定申告は前年1月から12月までの売上や経費を計算することになりますが、この時気になるのがやはり還付金ではないでしょうか。
個人事業主の方は、どの程度還付金があるのでしょうか。

 

■確定申告での還付金

 

個人で事業を行っている人は、1年間の売上から所得税を計算します。
所得税と言うのは、所得に対して一定の税率をかけて計算します。
この場合の所得は要するに手取額のことではなく、手取額から経費や様々な控除金を差し引いた額のことを言います。
そしてその額より所得税を算出します。
確定申告を行うことで、今まで多く税金を納めていた人は還付される場合もあります。

 

サラリーマンの場合は年末調整によって足りなかった税金を納め、払いすぎた額が還付されます。
しかし個人事業主の場合は、確定申告によって一連の作業を行うことになります。
例えば支払調書の欄に所得税が記載されている場合、確定申告によってその額が還付されることもあります。
還付と言うのは今まで納めた額から還付されることになりますので、個人事業主の場合、源泉徴収をされていなければ所得税が還付されることはありません。
個人事業主の方が副業として会社でアルバイトをしていた場合、そこで源泉徴収されていれば確定申告で還付される場合もあります。
実際に還付される額はケースバイケースバイですので一概に言えませんが、源泉徴収額が多ければ戻ってくる額も大きくなります。
もちろん確定申告によって経費が少ない場合、反対に税金を納めることもありますので注意してください。

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ