個人事業主のオフィス

個人事業主のオフィス

自宅以外にシェアオフィスという選択肢

自宅で仕事

オフィスの固定費をカット

個人事業主の多くは、オフィスを持っていないことが多いです。
その個人事業主が行う業種にも寄りますが、司会業や個人でインターネット販売をしている人などは、その業務を行う固定の場所が必要ではないからです。

 

自宅兼オフィス

殆どの人が自宅をオフィス、または税務署の書類上でいう納税地としている事が多いでしょう。
オフィスが必要ではない分、そのオフィスを借りる賃借料などが必要ではないため、利益が上がりやすくなります。
のちに事業が大きくなって、会社を立ち上げて事業を行う事も可能ですし、そのときにオフィスを持つことも可能です。

 

自宅オフィスのデメリット

個人事業は、オフィスを持たなくても事業を行うことができるので、立ち上げは比較的簡単です。
しかし自宅をオフィスとして使用すると、電話や住所が家族と同じになってしまうのも困るときがあります。
そのことを嫌がる人も多いのではないでしょうか?

 

シェアオフィスとは

そういう人のために、個人事業者向けのシェアオフィス等も流行っています。
コピー機や無線LANといった事業を行う上で必要な機器やデスクまでも揃っているので、家賃代だけでないと考えれば安く借りる事ができます。
また、レンタルオフィスには、電話代行や秘書代行、郵便物の転送まで行ってくれるサービスがあったり、住所を自宅の住所を公開したくない人のために、バーチャルオフィスといった住所や電話番号のみを安い価格で借りる事ができるといったサービスも個人事業主に注目を受けています。

 

住所や電話番号だけを借りることもできる

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ