個人事業主に向いている人/いない人

個人事業主に向いている人/いない人

ビジネスの全般に関わる全てに目を配る必要がある

個人事業主に向いているのはどんな人か?

個人事業主に向いている人

まず一番に必要な要素は、自分自身で物事を決定して実行できる行動力でしょう。
他人に判断を任せていればサラリーマンの人生としては楽かもしれませんが、個人で事業を行うとなるとそうはいきません。
もちろん、雇用される存在であっても人任せなのは感心しませんが、フリーランスとなって仕事をしていく場合には、よりそのことが強くいえるのです。

 

経営の知識や金銭管理も問われる

個人事業主に向いている人

会社にいればいろいろな職種の人達がそれぞれの専門を分担しあって組織を作り、全体として1つの事業を運営していくのですが、個人になるとその全てを自分でやっていかなくてはいけません。
サラリーマンの時代に営業職としてずいぶんと大きな成功を収めた人であっても、経理の知識がないばかりにお金の管理がずさんになって苦労をするという話も珍しくはありません。
会社の中にたくさんの種類の仕事があるということは、1人になったときにやらなくてはいけないことがそれだけ多くあるということです。

 

もちろん、税理士さんやその他の専門家に仕事の一部を依頼することも可能で、宣伝広告や営業活動を委託できる業者さんも存在します。
しかし、それらの人達に業務の一部を任せるとしても、その分野の知識をある程度は持っていたほうが良いでしょう。

 

つまり、個人事業主としてやっていくには、自立的に自分の責任で物事を考えることと、ビジネスの全般に関わる全てに目を配ることが必要であり、それが出来る人は個人事業主に向いているし、そうでない人は向いていないといえるのです。
そしてもうひとつ大切なことがお金の管理で、経理の知識があるかどうかに関わらず、有効な投資としてお金を使える人は良いですが、だらだらと浪費をしてしまう癖のある人は、それを直さない限りは成功が難しいでしょう。

 

個人事業主に向いている人物像
  • 自立心が高く、責任感が強い
  • 幅広いことに目を配ることが出来る
  • 金銭管理に優れている

関連ページ

個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ