個人事業主なら知っておくべき経理

個人事業主なら知っておくべき経理

覚えることは多くない

経理の勉強

自分で経理をする

個人事業主でも税理士にお願いをしなくても経理を簡単に計上できる会計ソフトなどが多く売られています。
もちろん、それらを使えば、確定申告にあたるまで、簡単に経理をおこなうことができます。

 

税理士やツールに頼らない経理

税理士にお願いしたり高価な会計ソフトを利用しなくても、最低限の知識をもっていれば、個人事業主としてきっちり経理を行うことができるのです。
数字は苦手だからと思わずに、少し勉強して正しい経理を行うようにしましょう。

 

売上の管理

何より簡単なことは、まずは一年間の売り上げがどのくらいあるか、しっかり計上できるようにすることです。(確定申告の決算書には一か月単位の売り上げを計上する欄があるので、毎月売り上げはどのくらいあったかをわかるようにするといいですね。)
そして経費を仕訳をすることです。エクセルでも計算用紙にも仕入れ、交通費、水道光熱費など経費ごとに一か月単位で分けていき、最終的に売り上げから経費を差し引いた分が利益になり、個人事業主でいうと収入金額となります。
どれだけ収入が入ってきたか、それのために支払った必要な経費などの位だったかをわかるようにすることだけでいいのです。

 

支出の管理

そのためには、まずは、事業用のお金と個人のお金をしっかり分けるようにして、現金出納帳を付けるようにしましょう。
レシートを取っておけば、経費はどれくらい支払ったかという事がわかりますが、どのお金から支払って、どのくらい今残っているかという事が現金出納帳をつけることで明確にわかります。それは青色申告申請者には義務付けられています。
また通帳も事業用の通帳をつくります。それだけが個人事業主に行ってほしい必要最低限の経理の知識です。

 

売上を月ごとにまとめる
現金出納帳を付け経費を仕訳する
事業用の通帳を作る

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ