個人事業主の経費

個人事業主の経費

うまく経費にして所得税を減らす

経費の管理

個人事業主は経費をあげることが重要

事業をしていくと、仕入れや外注にかかった費用、販売に行くまでの交通費や振込などの手数料などといった経費が出てきます。

 

売上にあがるために必要な経費をひいた分が利益になるため、経費を正確に計上することで税金対策にもなります。

 

「経費をあげる」とは

その経費をあげるためには、経費として示すものがなければいけません。
それが領収書です。現金での支払いは領収書がなければ、その支払いを示すものがないので支払があったときは必ず領収書をとっておきましょう。
最近ではレシートに買った商品や金額の明細が書かれていたりするので、手書きでなく機械で印字されているレシートの方も信用されやすくなっています。

「上様」「お品代」と書かれた領収書は、税務署が見た時に疑われてしまうかも…。

 

領収書がもらえない場合

他に、領収書やレシートがもらえない支払いがあったりします。
香典やお祝い事、または見舞いなどといった交際費なども事業を通じた付き合いであれば経費として払うことができます。
けれど、そのたびに領収書下さいなんてことはいえないですよね。

 

いろいろなテクニックがあります

そのときは、招待状やお礼状などを一緒に保存しておくことも一つですし、そういった交際費やバスや電車などを利用した場合など領収書がもらえない場合でも相手先に名前や日時、金額などをかいた出金伝票を切っておくと経費として計上することができます。

 

また、現金での取引ではなく、預金の取引であれば、そのまま通帳に記帳できるので、経費として残すことができます。

 

経費をしっかりと帳簿に残すことで、売り上げた分でどのくらいの経費がかかり、利益が出たかという事もわかり、これから新たな開発をしたり、人件費をどのくらいにしたり見積もりをたてる計画をすることができます。

 

面倒と思わずに経費をしっかり計上し、帳簿として残すことを日頃から行いましょう。

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ