個人事業主の確定申告

個人事業主の確定申告

日頃から経費の管理を

確定申告

自営業者は必ず申告

事業の収入の収支を計上し、申告をします。事業収入から扶養家族や生命保険、医療費などといった控除を差し引き、個人事業主のその一年の所得税の金額を申告するのです。

 

日頃から管理していれば楽

確定申告の時期だから忙しいという人もいますが、毎月、現金出納帳をしっかりと記帳して、損益を計算していれば慌てる事はありません。
そういった毎月の習慣があれば、確定申告を簡単にすることがます。帳簿をつける事を習慣づけるようにしておくことで、簡単に修正することもできます。その1年間にまとめたものを確定申告の決算書に転記すればよいでしょう。

 

確定申告の時期は2月から3月

確定申告は毎年、2月15日から3月15日ごろまでと提出期限が決められています。土日が入ることで前後変わってくることもあります。
気を付けなければいけないことは、確定申告は申告所得税となっていることを忘れないで下さい。

 

確定申告の書類を提出をすれば、後で税務署から納付書が送られてくると思っている人も多くいます。
実際に、税務署に確定申告を自分で書いて持ってくる人で、振替手続きをしていない人に聞いてみると半分くらいの人が、納付書を自分で書いて支払う事を知らないのです。

確定申告は同時に、納税も自分で示して払わなければいけません。

 

3月15日までの期限内に納めていないと、加算税を支払わなければならなくなりますから、自分で納付書を納めるという事を忘れないようにしましょう。
せっかく確定申告をしっかりと行ったのに、税金が増えてしまうようなことにならないようにしたいですね。
確定申告を行えば、県税事務所にも市民税にも通知が行きますから、市民税の申告を行う必要はなくなります。

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ