法人化のメリット

法人化のメリット

社会的な信用度が高い

契約

資金調達の面で個人事業より有利

法人化のメリットとしては会社を持続して継続していくことを考えたときに多くの面で、個人よりも有利に働きます。資金調達がスムーズに行うことができるのが法人の最大のメリットです。

 

法人化による資金運用面でのメリット

法人の設立手続き時に21万円を支払うことが義務付けられていますが、これは事務手数料などを含めた金額です。法人化することによって借り入れがしやすくなり、銀行からの融資や、ローンを組む時に信用度が上がり、融資してもらえる限度額が上がりますので、法人化するためのメリットは多くあると言えるでしょう。

上記のように信用度の面で有利に働く場合が多く、資金の調達に手間と時間がかからない点などが法人のメリットとして挙げられます。

 

さらに、個人の交際費についても事業のためのものは経費として計上できる点や、年間600万円までは9割損金算入、600万円以上は損金にならないこともあり、法人化による税金面でのメリットが多くあります。

 

効果的な節税対策

法人は規模の大きさから、税理士や弁護士に相談することや、経営についてのアドバイスをしてもらうことも必要になります。株式を保有するときなどに専門家がアドバイスをしてくれれば法人としてのメリットを最大限に生かし、節税することも可能です。

 

所得税、法人税は個人事業主は5〜40%、法人の場合は18%〜30%と、節税対策ということを考えると法人のほうが何かと有利に働きます。
個人事業主は課税対象となっていた事業所得が、役員報酬という形で給与所得になります。

 

給与所得控除を差し引くことが可能な分が節税になります。法人化することで、こつこつと節税を積み重ねることが可能です。

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ