個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット

個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット

時間の使い方が自由になることが多い

時間をコントロールできるというメリット

フリーランスのメリット

個人事業主やフリーランスという肩書でビジネスをしていく場合、メリットとして一番に上げられるのは、やはり時間の自由度が高いということでしょうか。
朝が得意な人であれば、誰も起きていない時間帯に作業を集中して進めることが出来ますし、逆に深夜遅くになってもいいし曜日に縛られることもありません。
もちろん、店舗を構えたビジネスであればそうはいきませんし、クライアントとの打ち合わせなどがあれば当然その時間は守らなくてはいけません。
しかし、自分の裁量で時間をコントロールできるという点においてはサラリーマンとは比べ物になりませんし、仕事の内容によっては場所だって事務所などの特定のところにこだわる必要がなかったりもします。

 

開業費用も最低限に抑えられる

フリーランスのメリット

SOHOのスタイルで仕事を開始するのであれば、そのスタートのしやすさというのも大きな利点です。
個人事業主としての届出の書類は簡素なものですし、手持ちの設備で開業すれば資金もほとんど必要ありません。
好きなことを仕事に選んでいるのなら、それにとことん打ち込めるというのも嬉しいことですし、残業代がどうこうという考えは陳腐なものにさえ思えてきます。

 

社会的信用、プライベートとの両立は難しい面も

個人事業主の場合、会社組織ではないことによるデメリットもあって、一番に考えられるのは信用に関わるところです。
個人といえばどうしても信頼されるまでには実績や期間が必要で、そうでない場合には、金融機関からの融資が受けづらいほかにも、仕事そのものがもらいにくいということもあります。

 

また、時間の自由がきくということは裏を返せばプライベートと仕事の境目が曖昧になるということで、仕事で抱えるストレスから解放される時間は意識しないと作れません。
会計に関わるもので考えられるのが、規模が比較的に小さくなることでいわゆるスケールメリットが少なくなるというマイナス要素です。

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
どのラインまで経費になる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ