どのラインまで経費になる?

どのラインまで経費になる?

どのラインまで経費になる?

個人事業主の方は事業を続けていくためには、毎月利益を出す必要があります。
利益が出ないと支払いもできず、経営も行き詰まります。また従業員に給料を支払うこともできません。
そのために、帳簿もきちんと付けていくことが大切です。
最近は帳簿もパソコンソフトがありますので、入力も簡単になりました。
しかし個人事業主の方にとって大変なのが、必要経費の概念ではないでしょうか。

 

■どのラインまでが経費になるのでしょうか?

 

独立して個人事業主になると、サラリーマンとは様々な点で異なってきます。
最も大きな違いは、税金を自分で計算しなければいけないことです。
個人事業主の方は、1年間の総売上から必要経費を差し引いて税率を計算していきます。
年間総売上から必要経費を引くと利益になり、これがいわゆる事業所得になります。
この事業所得から税金を支払うことになりますが、当然余計な税金は払いたくないものです。
そのためには、事業所得から差し引く必要経費の概念をしっかりと理解しておく必要があります。
帳簿には経費を漏れのないよう、しっかりと計上する必要があります。

 

■必要経費とは何でしょうか?

 

サラリーマンの時は必要経費と言う概念は必要ありませんが、個人事業主になるとしっかりと理解しておく必要があります。
どこまでが経費として認められるのかを、よく把握しておいてください。
必要経費と言うのは、仕事をするために必要になる費用のことを言います。
仕事に必要な経費と言うと、次のようなものがあります。
文房具、コピー用紙、パソコン用品、周辺機器、交通費、通信費、家賃、光熱費などです。
事業内容などによって、認められるもの、認められないものが変わってきますのでしっかりと理解しておいてください。

関連ページ

個人事業主に向いている人/いない人
個人事業主のメリット
資金面でのデメリット
個人と法人の違い
法人化のメリット
個人事業主の経費
個人事業主の税金について
個人事業主なら知っておくべき経理
個人事業主の節税
個人事業主の確定申告
個人事業主のオフィス
失敗する個人事業主の特徴
成功する個人事業主の特徴
個人事業主向けの広告媒体
ホームページやブログを開設
SEO対策でアクセスアップ
SNSを活用する
個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット
個人事業主の加入すべき保険
個人事業主の税金
個人事業主なら読んでおきたい本
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
資金調達で悩まない個人事業主っている?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
還付金はどのくらい戻ってくる?
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ