カードローンの有効期限について|カードローンの基礎知識

カードローンの有効期限について

カードローンの有効期限について

使い勝手の良いカードローンですが、「有効期限」と言うものが記載されています。
もし有効期限が切れた場合は、「もうこのカードローンは使えなくなるのでは」と心配される方もいらっしゃいます。

 

カードの使用は自動更新される

カードローンの有効期限について

基本的にカードローンの有効期限は通常3年です。
なにも問題が無い場合は、そのまま自動更新されるので、今使用しているローンカードの有効期限内に新しいカードが、金融会社から発送されてきます。

 

しかし、問題がある場合には自動更新されない場合があります。
今のカードローンを使用している期間内に、度々返済が滞ったりした場合は、金融会社が、「問題あり」と判断して、自動更新を見送る場合も考えられます。

 

基本、毎回の返済日にきちんと返済している場合は、自動更新されますので、普通に利用している場合は殆ど心配ありません。

 

古いカードは悪用されないように処分しよう

カードローンの有効期限について

新しいカードが届いたら、古いカードは有効期限が切れた時点で、破棄しましょう。
その際は、細かく裁断するなどして、悪用されないように処分する事を心掛けておきましょう。
カードの中には、細かい個人情報が山ほど詰まっています。
うっかり捨ててしまって、誰かに悪用されることもありますので、くれぐれも注意する事が必要です。

 

必要ない場合は解約手続きを

借入れをして、完済していて、「もう必要ない」と言う場合は、自動更新される前に、きちんと申し出て、カードローンの解約手続きをしましょう。
中には、「ローンカードを持っていると、つい使いすぎてしまう」と言う方もいます。
その際は解約も視野に入れて、有効期限を確認しておきましょう。

 

カードの使いすぎには注意!

 

銀行カードローンで「自動融資機能」に頼っている方も、問題が無い場合はそのまま自動更新されるので、有効期限切れで自動融資がストップしてしまうと言う事は有りません。
もし、有効期限が近づいても新しいカードが来ない場合や連絡が無い場合はローン会社へ問い合わせをして確認することが必要です。


ホーム サイトマップ