悪徳業者の手口|カードローンの基礎知識

悪徳業者の手口

悪徳業者の手口

カードローンを利用するうえで、心配な事は、「借り入れを希望する会社が本当に優良な貸金業者であるか」と言う事です。
世の中には、「闇金」と呼ばれるものや、「悪徳業者」が山ほど存在しています。

 

悪徳業者は闇金よりも更に悪質

「闇金」は、主に貸金業者の登録をきちんと行わずに、金融業をしている場合です。
10日で1割などの法外な利息で、お金を貸し付けることで有名です。
これに対して「悪徳業者」と呼ばれるものは、闇金よりも更に悪質で、闇金は「貸付金を交付」しますが、悪質業者は「お金をだまし取ること」が目的なので、実際には借り入れを出来ないばかりか、お金そのものをだまし取られる可能性もあるのです。
つまり「詐欺」と言う事です。

 

甘い誘い文句には要注意!詐欺の手口は?

悪徳業者の手口

多くは「ブラックOK」などと記載されていて、借り入れ審査が甘い事を強調しています。
その上、広告には、大手金融業者と提携・子会社であるかのごとく記載されている場合もあります。

 

特徴としては、実質年利の上限が記載されていない、または「1日○%」などの記載で、実質年利が判りずらいなど不審な点が多く存在します。
また最近の手口として、「融資前に信用調査の為に、○○円を保証金として、いったん振り込んでください。その後正式の融資をします」等、
融資前の保証金を請求される場合もあり、お金をだまし取られるケースも頻発しています。
他にも、融資額をいったん振り込んではくれるものの、法外な利息を請求してきて、支払いできない場合には、職場や親戚・家族へ連絡して取り立てをされたり嫌がらせをされたりします。

 

悪徳業者から身を守る方法

悪徳業者から身を守る為にも、安易に電話で、「個人情報をあかさない」・「簡単にお金は借りられない」と言う事を肝に銘じておくべきです。
それでも悪徳業者とかかわってしまった場合は、すぐに警察または、消費者生活センターや弁護士・司法書士などの専門家に相談をしましょう。


ホーム サイトマップ