カードローンの延滞によるリスク|カードローンの基礎知識

カードローンの延滞によるリスク

カードローンの延滞によるリスク

カードローンの延滞によるリスク

誰もが気軽に利用している「カードローン」ですが、返済を忘れてしまった場合や、または使いすぎて返済が出来ない場合、「延滞によるリスク」が発生してきます。
延滞した場合、レンタルビデオなどに「延滞金」がつくのと同じように、借金にも「損害賠償金」が付きます。

 

返済期日を守らないと・・・?

これは、「遅廷損害金」と言って、「借主が支払日までに返済しなかった場合に発生する、法的(利息とは別物の)損害賠償金」と法律的にも定められている損害賠償金です。

 

20%の利子が上乗せされる

遅廷損害金の利率は「遅廷利率」と言われ、上限利率は、利息制限法で20%までと定められています。
殆どの業者はこの上限いっぱいの20%で定めています。
ですから、延滞してしまった場合は、元金+利息+遅廷損害金の合計を支払うことになるのです。

 

信用情報にも影響する

カードローンの延滞によるリスク

お金を支払うだけで解決すれば良いのですが、この延滞の事実は「信用情報機関」にも記載されることになります。
この様な延滞が増えることで、カードローンの利用期限の際に「更新手続き」が出来ない場合も出てきます。

 

限度額を増やせなくなることも

また、「与信枠」を増やすことが出来なくなってしまいますので、せっかく収入が増えた場合や、利用履歴によっては借り入れの限度枠が広がる可能性もあるはずだったものが、借入れの限度額を増やすことも出来なくなってしまいます。
「信用情報機関」に記載されると言う事は、他の金融会社や、銀行にも情報が提供されてしまいますので、今後資金調達が必要な場合に借り入れを拒否される可能性も出てきます。

 

返済期日を守ることで信頼が生まれる

カードローンの延滞によるリスク

「返済日」とは借主と貸主の約束ですので、「決められた返済日にきちんと返済する」言う事は大切な事です。
今後の社会生活の中でも、お金に関する約束事はきちんと守っていくことで、大きな信頼が生まれます。

 

今後の未来の為にも「返済日」はきちんと守りましょう!


ホーム サイトマップ