個人信用情報とは|カードローンの基礎知識

個人信用情報とは

個人信用情報とは

審査判断の基準の一つ

「個人信用情報」とは、「借入れをした場合に記録される、お金に関する情報」です。
一般的に「信用情報機関」と言うものがあり、貸付をする際には、この信用情報機関へ貸し付けの事実、または申し込みの事実、借入、返済の利用履歴などが全て情報として記載されています。
貸付をする際には、貸金業者や銀行はこの「信用情報機関」の記録を閲覧することが出来るので、その情報を審査判断の基準の一つにしているのです。

 

最新の情報を更新しなければならない

個人信用情報とは

この「個人信用情報」には、借入の申し込みをした際の本人確認書類現住所配偶者貸し付けの有無総量規制対象外の借入れ状況など、様々な個人のお金に関する情報が記載されています。
現住所や、職業などは、もし変わった場合は必ず現在利用している貸金業者へ申し出ることが義務付けられています。
これらの個人にしかわからない情報は申し出が無い限りは更新されませんので、今後の借り入れの際にも、必ず最新の情報を更新しておかなければなりません。
また、完済した場合もきちんと「個人信用情報」に記録されますので、今後の信用にも繋がります。

 

延滞や多重債務などのトラブルも記載されている

個人信用情報とは

しかし、その反対に、もし延滞の事実がある場合や、多重債務による、債務整理、自己破産の事実も記録されてしまいます。
借入れに関するトラブルは全て記録されていきます。
ですから、カードローンの利用が多い場合は、一度、どれだけの会社から借入れをして、いくら返済が終わっているのか。
もし借入残高が少ないものがあれば早急に完済しておくことが望ましいでしょう。
また、複数枚のカードローンを所持している場合は、利用していないカードは、きちんと解約しておくことも大事です。
現在までの、全ての借入れと返済の利用記録が記載されているのが、「個人信用情報」なのです。

 

「個人信用情報」は今後の信用にも繋がるので、きちんと完済しよう!


ホーム サイトマップ