カードローンでの過払い金返還請求について|カードローンの基礎知識

カードローンでの過払い金返還請求について

カードローンでの過払い金返還請求について

最近、広告やテレビのコマーシャルで良く耳にする「過払い金」をご存知の方は以外と少ないようです。
「過払い金」とは、簡単に言うと、カードローンなどでお金を借りて返済する際に「払い過ぎた金額」の事を言います。
なぜ、お金を払い過ぎるような事態が起きてしまうのでしょうか。
それは、平成22年の6月18日に施行された「改正貸金業法」に深く関係しています。

 

払い過ぎた金額の返還を請求する

カードローンでの過払い金返還請求について

改正以前は、金利の上限は29.2%となっていましたが、改正後は「利息制限法」により15%〜20%とさだめられました。
この上限の差が9.2%となりますので、これを「グレーゾーン金利」と言う払い過ぎた金額と言う事になるのです。
この払い過ぎた金額の返還を請求するものが「過払い金返還請求」と言います。

 

引き直し計算

過払い金の計算方法は、「引き直し計算」と言って、全ての返済や借入れの取引履歴を参考に、法定金利で計算し直すことで、過剰に支払いした分が、まず元本へ充てられます。
その後、元本が減って、マイナスになった分、つまり払い過ぎた分が「過払い金」と言う事です。

 

有効期間は10年

「過払い金の返還請求」は、基本的に、最後の取引(支払)が終了した時点から10年間が有効期間です。
10年経過してしまうと時効となってしまいますので、必ず確認してみましょう。
また、今現在返済をしている場合は、取引が終了していないので、まだ請求が可能です。

 

弁護士や司法書士の協力を得よう

「過払い金の返還請求」をする為にはどのように請求したらいいのか、と言うときは、専門の「弁護士」や「司法書士」にお願いすることが一番です。
勿論、自分で請求することも出来ますが、法律的な問題や、「引き直し計算」など特殊な計算もありますので、出来れば書類作成までお願いすることで、一切の手間が省ける、専門事務所へお願いすることできちんと請求することが可能です。
無料で引き受けてくれる所もあるようですが、基本的には成功報酬で、変換された金額の20%が弁護士や司法書士への報酬となります。

 

返済額を払いすぎている場合は、まず弁護士にご相談を。

ホーム サイトマップ