カードローン申し込み時に起こりやすいミス|カードローンの基礎知識

カードローン申し込み時に起こりやすいミス

カードローン申し込み時に起こりやすいミスを防ぐには

収入と借入残高の確認を

カードローン申し込み時に起こりやすいミス

基本的に、申し込みの際に、現在の収入と、他の会社からの借入残高をまずは把握しておきましょう。
その際に年収の3分の1以上既に借入がある場合は、原則借り入れが出来ないばかりか、申し込みの事実が「信用情報機関」へ記録されてしまいますので、その時点で申し込みをしないことが望ましいです。

 

記載ミスには要注意

 

まず、申し込みへの記載ミスが無いか確認しましょう。
もし、嘘の申告や、現住所、電話番号、メールアドレスなどの、連絡先に関する項目にミスがあると、審査結果の連絡が届かないと言う事態を引き起こしてしまいます。
せっかく審査に通っていた場合、通らなかったと勘違いをして、他の金融会社へ再度申し込みをしてしまった場合、これも「信用情報機関」へ記録されてしまいます。
こういったミスやトラブルを防ぐためにも、中々連絡が来ない場合は、自分から金融会社へ直接連絡をすることが大切です。

 

申込に必要な書類をそろえよう

カードローン申し込み時に起こりやすいミス

申し込みをする際に、必要な書類があります。
まずは、「本人確認書類」です。
これは、「免許証」があれば一番無難ですが、もし持っていなければ、保険証やパスポートなど、自分の身分を証明できるものなら大丈夫です。
事前に確認して、必ず用意しておきましょう。
また、融資額によっては、「収入証明書類」として、源泉徴収票や、納税証明書、給与明細などが必要になります。
その他、提出に必要な書類を事前にチエックして、漏れの無いように、必ず確認しておきましょう。

 

その他には、他社からの借入れの記入漏れ等があった場合、嘘をついているとみなされてしまいますので、せっかく審査が通りそうであっても、「信用情報機関」の記録と照らし合わせた結果審査に通らなかったと言う場合もあります。

 

「現在の借入れ状況の把握」「記入漏れ、ミスの確認」「提出書類の確認」の3点に気を付けよう!


ホーム サイトマップ