自動融資機能の利用方法|カードローンの基礎知識

自動融資機能の利用方法

自動融資機能の利用方法

銀行のカードローンの中には、口座の残高不足に即対応してくれる「自動融資機能」がプラス出来るものがあります。
「自動融資機能」とは、主に公共料金や、クレジットカードの引き落とし時に、口座の残高が不足している場合、自動的に不足分を融資してくれる機能の事です。
勿論、借入れ限度額以内での利用となりますが、とても便利な機能です。

 

引き落としの際の残高不足を防げる

銀行のカードローンは、基本的にその銀行の口座を持っている場合に作ることになりますので、そのローンカードの口座を、メインバンクとして使用していれば、公共料金やクレジットカードの引き落としの際に、万一残高不足になっていても、自動的に融資してくれるので、引き落としが出来ないと言う事が無く、とても便利です。

 

信用情報を維持できる

特にクレジットカードの返済が、度々滞った場合など、信用情報機関へ記録されてしまうので、今後大きな借り入れをする際に、大きなダメージとなってしまいます。
また、公共料金に関しても、度々引き落としが出来ていないとなると、信用度が低くなってしまいます。
そこで、そういったうっかり忘れの予防のためにも、ローンカードの「自動融資機能」を利用することをお勧めします。

 

自動融資機能の申込方法

自動融資機能の利用方法

申し込み方法は、各ローンカードによって多少異なりますが、基本的にローンを申し込む際に「自動融資機能」が付いているか確認して、ある場合は申し込みを一緒に済ませておくと便利です。
意外と知られていない機能ですが、この機能をうまく利用すれば、給料日前の残高不足時に、引き落としがある場合などは、自動的に融資してくれるのでとても助かります。
しかし、必ず、給料が入った時、もしくは臨時収入が入った時には返済するように心がけておきましょう。

 

限度額以上の融資は出来ないので注意!

せっかくの「自動融資機能」があっても、限度額を超えてしまっていては使えません。
常に、ローンの限度額を確認する習慣もつけておきましょう。


ホーム サイトマップ