一括返済と分割返済の違い|カードローンの基礎知識

一括返済と分割返済の違い

一括返済と分割返済の違い

ぶっちゃけどちらがお得なのか?

一括返済と分割返済の違い

借入れが出来れば、今度は返済の方法です。
「一括返済」と「分割返済」ではどちらがお得なのでしょうか。

 

それは勿論「一括返済」です。
元々、借入れをした場合、「利息」と言うものがついてきます。
「実質年率」が15%の場合で考えてみましょう。

 

返済期間で利息が異なる

一括返済と分割返済の違い

100万円の借入れを、一括で返済した場合、実質年率15%の場合は、元金に対して15%の年率ですので、1年間で15万円の利息が掛かります。
これを12か月で割った場合1ヶ月(30日の場合)単純に12500円の利息と言う事になります。
ですから、100万円を借りて、次の月(30日後)に返済した場合は、1012500円を支払えば良いと言う事です。

 

もし100万円を10か月で返済する場合、年率15%ならば、最初の月は元金100万円に対しての利息なので11万2500円返済となります。
その次の月は、元金の100万円から、10万円差し引いた90万円に対して利息がかかるので、11万1095円の返済となります。
このように元金が減っていくごとに利息は減っていきますが、当然一括で返済するよりは利息がかかると言う事になります。

 

ライフスタイルに合わせた無理の無い返済計画を立てる!

一括で無理をして返済して、また借金をするのであれば、自分の生活スタイルに合わせて分割の方式を取り、
ボーナスなどの臨時収入の時に多めに返済することも可能ですので、無理のない返済計画を立てることが大切です。
場合によって、消費者金融によっては「元金が減少しないと仮定して利息計算をする方式」(アドオン方式)の場合もあり、元金が減っても利息がずっと同じ場合もありますので、契約時に良く確認しておくことが必要です。

お得なキャンペーンも利用する

また、各消費者金融では「無利息キャンペーン」等もあり、7日から最大180日間無利息期間がある会社もあります。
もし翌月すぐに返済が可能な場合や、短期間で返済できるのであれば、利息が掛からないのに越したことはありません。
借入れ時に良く調べておくと大変助かります。


ホーム サイトマップ