住宅ローンなど他のローンとの併用は可能か|カードローンの基礎知識

住宅ローンなど他のローンとの併用は可能か

住宅ローンなど他のローンとの併用は可能か

返済が残っている場合は審査に通りづらいことも

住宅ローンなど他のローンとの併用は可能か

基本的に、「住宅ローン」もあくまでも借金ですので、「キャッシングローン」がある場合、審査の上では重要な情報となります。
勿論現在、「カードローン」の返済が、完済している場合は、殆ど問題はありませんが、もし仮に「カードローン」の返済が残っている、または、返済を滞った事実、あるいは、現在の借入残高が多い場合は、「住宅ローン」の審査が通りづらいと言う事もあります。
実際には、「住宅ローン」を申し込む銀行にもよりますが、銀行は、基本的に貸金業者からの借入れを嫌う場合があります。

 

銀行カードローンなら一度ご相談を

仮に、現在使用しているカードローンが、銀行系の物であれば、その系列の銀行にまずは相談をしてみることが大事です。
相談をするだけであれば、「信用情報機関」への記録は残りません。
しかし、「申し込み」をしてしまうと「信用情報機関」へ記録されてしまいますので、万一審査が通らなかった場合、他の銀行に再度申し込みをする時に不利になってしまいます。

 

ローンを一本化させるという手も

銀行系カードローンの場合、同じ系列の銀行であれば、住宅ローンとの「おまとめローン」もあるので、返済を一本化させることも可能です。
まずは、現在の「カードローン」がいくつあって、借入残高がいくら残っているのか確認してみてください。

 

夫婦間の話し合いも必要

住宅ローンなど他のローンとの併用は可能か

もし、夫婦間で内緒の借金がある場合は、申し込みの時点ですぐにわかってしまいますので、そういったトラブル回避のためにも、きちんと事前の話し合いをすることが大切です。
最終的な判断は、融資する側が、申し込み内容、融資額、信用情報機関の情報を基に判断をしますので、「住宅ローン」との併用が可能かどうかは、はっきりと決めることはできません。

 

カードローンの借り入れ状況を把握し、銀行へ相談しよう。


ホーム サイトマップ