いわゆる「ブラックリスト」に登録されるとどうなる?

いわゆる「ブラックリスト」に登録されるとどうなる?

いわゆる「ブラックリスト」に登録されるとどうなる?

個人事業主の方の中には、破産宣告をする人もいます。
破産宣告は最後の手段ですので、それまで何か他の方法を探してみる必要があります。
しかしそれでも破産宣告しか方法がなければ仕方ないのですが、万が一破産宣告を行うとブラックリストに登録されますので注意が必要です。

 

■ブラックリストについて

 

破産宣告などを行うとブラックリストに登録されますが、その場合どのような影響があるのでしょうか。
たとえブラックリストに登録されても、キャッシングやカードローンの新規契約ができなくなるだけだと考えている人も少なくありません。
しかし将来的には大きなデメリットになってきますので、しっかりと考えておいてください。

 

ブラックリストと言う言葉はよく聞きますが、実際に名前を記載したリストが存在するわけではありません。
何をブラックリストと言うのかは、要するに個人信用情報の項目に事故情報が記載されるからです。
この個人信用情報については多くの金融機関が利用しており、そこには個人の氏名や年齢、生年月日と言った情報、そして取引を行っている金融機関の情報なども記載されます。
信用情報で支払額、支払期間、借入額、遅延と言ったことが確認できますので、これらの情報を元にして金融機関などは審査を行っています。
またこれら個人信用情報を管理している信用情報機関も多く、一度ブラックリストに記載されると一定期間消えることはありません。
そのためブラックリストに記載された人は、基本的に信用取引での審査はすべて落とされることになります。
そして銀行が取り扱っている、カードローンや住宅ローンなどにも影響が出てきますので気をつけてください。


ホーム サイトマップ