審査時によく聞かれること|カードローンの基礎知識

審査時によく聞かれること

審査時によく聞かれること

聞かれる内容に素直に答えることが重要

審査時によく聞かれること

キャッシング契約の審査時に良く聞かれることは、「勤続年数」「勤務先」「住居形態」「家族構成」等があります。
勿論、これは一つの判断基準であるので、住居が一戸建てではない、独身である、などはあまり関係ありません。

 

あくまでも、この時点で必要な事は、「聞かれたことに、嘘をついていない」と言う事が大切なのです。
なぜなら、「借入れを申し込む」と言う事は「必ず返済する」と言う事なので、相手が「返済することが可能かどうか」と言う事を見極める為にも、「嘘をついていないか」と言う事が大事になるのです。

 

他社からの借入金額も重要

また、「他社からの借り入れがどのくらいあるのか」と言う事も確認されます。
これは、毎月の返済が可能かどうかの判断の他に、貸金業法の総量規制として、年収の3分の1の範囲内であるかを確認するための物です。

 

嘘の申告をするとどうなる?

審査時によく聞かれること

仮に、ここで借り入れを可能にしたいと言う思いで、嘘の申告をすることで、審査に通りにくくなってしまうのです。
それは、「信用情報機関」と言うものがあり、この情報の中には、過去の借入れや返済、また、借入残高や、過去の延滞などが記載されています。
ですから、嘘の申告をすることでその事実が更に「信用情報機関」へと記録されてしまいますので、今後また借入れをしたい時に、マイナスの情報として残ってしまうのです。

 

「信用情報」はお金の履歴書

「信用情報」とは、過去の借入れ実績や、返済の状況、債務整理の有無などが、細かく記された、「お金に関する履歴書」のようなものです。
ですから、どんなに嘘をついても、過去に借り入れをしている場合は特に、この信用情報機関の記録を基にしているので、嘘はすぐにばれてしまい、信用度が失われてしまうのです。
「勤務先」「年収」「キャッシング目的」など主な事を聞かれますが、正直に答えることで、総合的判断が下されますので、安心して応えることがキャッシングを可能にする近道です。

 

審査時の質問には正直に答えるのが吉

ホーム サイトマップ