カードローンの基礎知識

カードローンの基礎知識

カードローンの基礎知識記事一覧

カードローンの解約方法

必要が無くなったローンカードは、出来れば処分したいと思われる方もいらっしゃいます。しかし、他のポイントカードのように勝手に破棄するわけにはいきません。「完済されている」ことが条件カードローンの解約は、カードに記載された有効期限内であっても、原則、解約をすることが出来ます。しかし、あくまでも「原則」で...

≫続きを読む

 

悪徳業者の手口

カードローンを利用するうえで、心配な事は、「借り入れを希望する会社が本当に優良な貸金業者であるか」と言う事です。世の中には、「闇金」と呼ばれるものや、「悪徳業者」が山ほど存在しています。悪徳業者は闇金よりも更に悪質「闇金」は、主に貸金業者の登録をきちんと行わずに、金融業をしている場合です。10日で1...

≫続きを読む

 

一括返済と分割返済の違い

ぶっちゃけどちらがお得なのか?借入れが出来れば、今度は返済の方法です。「一括返済」と「分割返済」ではどちらがお得なのでしょうか。それは勿論「一括返済」です。元々、借入れをした場合、「利息」と言うものがついてきます。「実質年率」が15%の場合で考えてみましょう。返済期間で利息が異なる100万円の借入れ...

≫続きを読む

 

個人事業主のカードローンの上手な活用法

サラリーマンと違い、自営業者の方は、「個人事業主」と言う事になります。ですから、「ローンを組めないのではないか」と不安に思う方もいらっしゃいますが、銀行や、消費者金融会社によっては「個人事業主専用ローン」を用意されているところがあります。一般のサラリーマンなどの借入れとは異なる仕組みで、基本的に、一...

≫続きを読む

 

限度額を増額する方法

返済日を守っているかが重要なポイントカードローンを使用していて、「限度額を上げたい」と思っているなら、まずは、自分のローンの借入れに対して、返済がきちんとできているかどうか確認してください。「限度額の増額」を希望する場合、今使用しているカードローンの借入れた分を、きちんと返済日に返済しているかどうか...

≫続きを読む

 

カードローンの有効期限について

使い勝手の良いカードローンですが、「有効期限」と言うものが記載されています。もし有効期限が切れた場合は、「もうこのカードローンは使えなくなるのでは」と心配される方もいらっしゃいます。カードの使用は自動更新される基本的にカードローンの有効期限は通常3年です。なにも問題が無い場合は、そのまま自動更新され...

≫続きを読む

 

利息の計算方法

実質年率と利息の関係基本的に、金融会社は「実質年率」で利息を計算します。この「実質年率」とは、借入金を複数回に分けて返済した場合、毎月の返済で、減って行く元金残高に対して、毎回利息を計算する方式の事です。年利とは?ローンの金利表記は、基本的に「年利」で記載されています。年利とは、1年間365日分の利...

≫続きを読む

 

自動融資機能の利用方法

銀行のカードローンの中には、口座の残高不足に即対応してくれる「自動融資機能」がプラス出来るものがあります。「自動融資機能」とは、主に公共料金や、クレジットカードの引き落とし時に、口座の残高が不足している場合、自動的に不足分を融資してくれる機能の事です。勿論、借入れ限度額以内での利用となりますが、とて...

≫続きを読む

 

カードローンでの過払い金返還請求について

最近、広告やテレビのコマーシャルで良く耳にする「過払い金」をご存知の方は以外と少ないようです。「過払い金」とは、簡単に言うと、カードローンなどでお金を借りて返済する際に「払い過ぎた金額」の事を言います。なぜ、お金を払い過ぎるような事態が起きてしまうのでしょうか。それは、平成22年の6月18日に施行さ...

≫続きを読む

 

約定返済と随時返済の違い

決められた返済日に返済するもの借入れをした場合のカードローンには返済日があります。基本的に、毎月1回、金融会社によって返済日が指定されている場合と、ある程度自分で返済日をきめられる場合があります。その辺は、カードローンの申し込みの際に、自分への負担が少しでも軽くなる日程を選ぶことが必要です。このよう...

≫続きを読む

 

複数のカードローンを利用する場合の注意点

カードローンを複数枚所持していると言う事は、多重債務になってしまう恐れのある、大変危険な行為です。返済が不可能になり、滞ってしまう「多重債務者」と言う言葉を良く耳にしますが、これは、複数の金融会社から、それぞれ借り入れをしたことで、返済が出来なくなる事態に陥ってしまう事を指します。これと同様に、複数...

≫続きを読む

 

消費者金融カードローンとは

カードローンには、「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2種類があります。どちらも、現在では借り入れをする場合のリスクは殆ど変りませんが、微妙な違いはあります。借入可能な金額と、融資額の大きさが違う「消費者金融カードローン」の場合は、貸金業法の改正に伴い貸し付けに対し「総量規制」が設けら...

≫続きを読む

 

フリーローンとは

使用用途が自由(フリー)なローン「フリーローン」とは、基本的に「原則使途に制限が無い」ローンの事を指します。金融ローンは色々と種類がありますが、「カーローン」や「学資ローン」等のように使途があらかじめ決められているものは、融資を受けた際は、借入れた人を介さず、そのまま融資される商品やや営業店に対し、...

≫続きを読む

 

事業専用ローンとは

事業の資金繰りにカードローン銀行からの融資を受ける場合、事業内容や、資金の使い道などの条件以内であれば、1000万円程度なら借入れが可能です。ただ、その場合、審査から融資までの期間が1か月ほどかかる場合が殆どですので、急な資金調達では難しいのが実情です。銀行からの融資までの繋ぎとして使うカードローン...

≫続きを読む

 

カードローンの延滞によるリスク

誰もが気軽に利用している「カードローン」ですが、返済を忘れてしまった場合や、または使いすぎて返済が出来ない場合、「延滞によるリスク」が発生してきます。延滞した場合、レンタルビデオなどに「延滞金」がつくのと同じように、借金にも「損害賠償金」が付きます。返済期日を守らないと・・・?これは、「遅廷損害金」...

≫続きを読む

 

審査時によく聞かれること

聞かれる内容に素直に答えることが重要キャッシング契約の審査時に良く聞かれることは、「勤続年数」、「勤務先」、「住居形態」、「家族構成」等があります。勿論、これは一つの判断基準であるので、住居が一戸建てではない、独身である、などはあまり関係ありません。あくまでも、この時点で必要な事は、「聞かれたことに...

≫続きを読む

 

WEB完結可能なカードローン

誰にも知られずにお金を借りたいときは?キャッシングローンを利用する際、店頭までわざわざ足を運ぶとなると、ちょっと利用しづらいと思われる方も多いと思います。「もし、誰かに借金の現場を見られたら」と心配される方や、「家族に知られずに借り入れをしたい」と言った場合、とても便利なサービスがあります。最近では...

≫続きを読む

 

住宅ローンなど他のローンとの併用は可能か

返済が残っている場合は審査に通りづらいことも基本的に、「住宅ローン」もあくまでも借金ですので、「キャッシングローン」がある場合、審査の上では重要な情報となります。勿論現在、「カードローン」の返済が、完済している場合は、殆ど問題はありませんが、もし仮に「カードローン」の返済が残っている、または、返済を...

≫続きを読む

 

個人信用情報とは

審査判断の基準の一つ「個人信用情報」とは、「借入れをした場合に記録される、お金に関する情報」です。一般的に「信用情報機関」と言うものがあり、貸付をする際には、この信用情報機関へ貸し付けの事実、または申し込みの事実、借入、返済の利用履歴などが全て情報として記載されています。貸付をする際には、貸金業者や...

≫続きを読む

 

カードローン申し込み時に起こりやすいミス

収入と借入残高の確認を基本的に、申し込みの際に、現在の収入と、他の会社からの借入残高をまずは把握しておきましょう。その際に年収の3分の1以上既に借入がある場合は、原則借り入れが出来ないばかりか、申し込みの事実が「信用情報機関」へ記録されてしまいますので、その時点で申し込みをしないことが望ましいです。...

≫続きを読む

 

いわゆる「ブラックリスト」に登録されるとどうなる?

個人事業主の方の中には、破産宣告をする人もいます。破産宣告は最後の手段ですので、それまで何か他の方法を探してみる必要があります。しかしそれでも破産宣告しか方法がなければ仕方ないのですが、万が一破産宣告を行うとブラックリストに登録されますので注意が必要です。■ブラックリストについて破産宣告などを行うと...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ