屋号の決め方

屋号の決め方

紛らわしい屋号はNG

事業の顔となる屋号は慎重に決める

屋号を決める

屋号の決め方は自由ですが個人でのビジネスの場合には〇〇法人など、紛らわしい称号をつけることは禁止されています。基本的には自由に決めることが可能ですが、本人がよく考えて、覚えやすい名前や、親しみのある名前にすれば一層気に入られる可能性が高く、ビジネスもうまく行くことがあります。

 

わかりやすく自分でも気に入る名前を

またわかりやすい名称にして、お客様に覚えてもらうことができるよう工夫が必要です。法律上では称号と呼びます。お店や自分の経営するビジネスの代表的な名前になりますので、よく考えましょう。屋号をつけていなくても問題は無いですが、フリーで仕事をしている人は自分の名前をつける方などもいます。

 

屋号をつけるときには覚えやすさ、印象的、事業内容がわかりやすく相手にすぐに覚えてもらえるような簡潔な名前がいいです。

 

インパクトのある名前をつけるのも手

また相手の印象に残るような名前もいいです。事業内容がわかりやすく屋号と一致するものを一層オススメできます。その反面凝り過ぎた名前はNGです。わかりやすい屋号をつけて、誰にでも覚えてもらえるような名前はビジネスに置いて長く継続していくことが出来ます。

 

平成18年の5月から類似商号の制限が廃止されましたが、他人の権利も尊重する必要があります。一流企業や、銀行の称号を真似た名前は混乱をまねきます。例えば株式会社ライオンズクラブがすでにあり、株式会社ライオンズにすることも問題です.

 

このような時には株式会社西武ライオンズ鉄道などしっかりと違いを見せていく必要があります。名前はよく考えて、ビジネス面で公平に有効な屋号を考えていきましょう。一度屋号を決めても後に変更をすることが出来ます。

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ