開業の手順

開業の手順

屋号は業種がわかりやすいものを

届出を出すだけで個人事業主として登録される

開業手順

個人事業の開業に必要な手順は各業種によります。まずは屋号を設定して、事業目的やどのように自分の事業が社会貢献をしていくのかを決めましょう。活動内容を決めるのは大切です。どのカテゴリの職種かを決めますので、はっきり明記する必要があります。

個人事業主として多い業種

個人事業として多いのが個人の医院、美容師、アーティスト、建築家、デザイナー、小売の製造業、輸入業、制作者、経営コンサルタント、IT関連、タクシードライバー、サービス業、などを上げることができます。

個人事業主開業希望者は増えている

今の時代では、会社をやめて自分で仕事をしたい方が増えています。個人の開業の手続き自体はそこまで複雑ではありませんが、法人は複雑です。簡単な届出だけで、個人としての事業を初めることが可能です。

 

また、仕事を辞めたい時にもいつでも廃業をする事ができます。サラリーマンを長く経験している人には個人事業はとても魅力的です、うるさい上司がいない、事業内容や企画なども本人で決めることが可能。そして個人事業の手続きも開業する際にはとても簡単ですが、登録が完了してから、資金繰りに追われる方が多いです。

 

資金的に厳しい部分もある

個人の事業主の方は銀行からの融資が難しく、資金繰りに困る場面があります。もし資金が足りなくなってしまい、家族や友人、同僚からお金を借入しにくい方はカードローンかキャッシングを利用する事をおすすめします。

 

支払いも分割で支払っていくことが可能になり、無理なく返済をしていくことが可能です。この際の資金集めにおいて無担保、保証人なしで借入を可能とする業者も多くありますので、限度額以内の金額を自分でコントロールして利用する事で、事業の資金繰りを促進することが可能ですのでとても便利なサービスです。

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ