開業資金の準備

開業資金の準備

個人事業主は資金面で苦戦しやすい

カードを1枚

個人事業主向けカードローン

個人事業主の方は開業する際に資金繰をしていくことが第一歩になります。
足りない設備投資や、事務的に支払うべき経費などがありますので、資金がうまく潤滑していくことができないと継続していくことができません。

 

個人事業主の資金調達

開業の際に足りなくなってしまった経費をどのように補っていくのか、まず銀行ですが個人事業主への融資を行っている銀行は少なく、審査に時間がかかります。
また希望の金額に満たない金額を限度額に設定されることもありますので、開業資金を必要としている方の期待に銀行が必ず答えるとは考えにくい点もあります。

 

備品を揃えるのにも資金がかかる

また登記の際の会社用の印鑑を作るにしても特注になりますので普通のハンコよりも高いです。このような会社の印鑑は会社唯一のものでないと効果を発揮しません。
すでに会社内の施設や、工具、設備が揃っているならば会社設立費用のみで、事業を開始することができますので、収入や売上が出るまでの出費や労力が少なくて済みますが、節税の問題や準備資金が十分にないとうまく仕事が回らなくなります。

 

個人事業、自営業者のキャッシング事情

銀行は貸付をあまり積極的に行なわないため、どのような金融機関からの借り入れをできるのかを見てみますと、カードローンが一番使いやすく、消費者金融のキャッシングサービスなどは申し込みをしたその日に融資をしてくれますので、急を要する個人事業主の借り入れにも適しています。

 

利息も4%から18%以内で借り入れをすることができ、月々の返済になりますので、自分のペースで分割して返済をしていくことになります。
事務所と店舗の取得費等や、保証金、敷金礼金などを含めると必要な金額は100万円以上になりかねません。
設備費や、備品代などもかかりますので、十分に備えが必要な方にもカードローンで対応できます。

 

業者によっては最高限度額500万円や700万円を設定しているところもありますので、非常に使いやすいサービスです。

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ