事業計画書の作り方

事業計画書の作り方

作りこんだ事業計画書で納得させる

事業計画書

開業資金は事業計画書にかかっている

個人事業を行って、開業資金の調達のために日本政策金融公庫などでお金を借りる時は、事業計画書の提出を求められます。
金融公庫側も簡単に事業が失敗してしまうところには、お金を貸すことをしないことは当たり前の事ですね。

 

あなたの事業の将来性と魅力を示す

特に、まだ始まってもいない事業は、実績も信頼も何もありません。
これから始める事業のための資金を借りるのですから、当たり前の事です。

 

しかし、しっかりとした事業計画書を作成することで、金融公庫や銀行の信頼を得る事ができます。
そのためにも、誰もが納得でき、そして誰もが信用することができるような事業計画書を作らなければいけません。

 

事業計画書に必要な3つの要素

事業計画書を作るうえで大切な要素が大きく3つあります。

 

事業内容、コンセプトを示すこと
具体的な事業プランを計画すること
マネープランを具体的に示すこと

 

これらが、事業計画書を建てる重要な要素とされています。
この3点を踏まえながら事業計画書を作成していきます。

 

まずは、会社概要の説明をすること
創始者、出資者、経営方針を示しながら、これからどのような会社を目指しているか、会社の成長の可能性も示しましょう。
製品やサービス内容などを消費者の立場からどのようなニーズがあるか、という視点から考えて書くといいでしょう。
市場内でどのような立ち位置にいるかということも示すとわかりやすいでしょう。
小売業なら近隣のライバル店がどのくらいあるのか、住宅環境によるニーズもどのくらいあるかを説明するのも必要でしょう。
具体的に一つの製品の損益計算書などの資金計画も書きましょう。

 

具体的かつ説得力のある事業計画書で勝負

 

個人事業主・自営業者に最適なカードローン


ホーム サイトマップ