白色確定申告

白色確定申告

白色確定申告

個人で事業を行っている人は、年度末に確定申告を行うことになります。
確定申告では売上や経費を算定して、納めるべき税額を報告することになります。
確定申告の方法は、白色申告と青色申告に分かれています。この中の白色確定申告とはどのようなものでしょうか。

 

■白色確定申告について

 

白色申告と言うのは、個人で事業を行っている人にとってはとても便利な申告方法です。
白色申告ではメリットとデメリットがありますが、それらすべてのことをよく考慮した上で、自分に合った方法を選択してみてください。
まず確定申告と言うのは、1月1日から12月31日までの1年間を対象に行う申告になります。
1年間の売上から経費を差し引いた所得金額、また控除金額などを計算して税務署に申告します。
それにより、納付すべき所得税が確定します。

 

白色申告は以前は記帳が任意となっていましたが、現在は義務化されています。
しかし複式簿記を行う青色申告に比べ、白色申告は単式簿記ですので帳簿記帳がとても簡単です。
単式簿記は、家計簿みたいな感じで伝票を仕分けて記帳するだけです。
しかし白色申告でも記帳が義務化されたことで、今までのメリットが薄れました。
白色申告は青色申告のように、10万円、また65万円の控除が受けることができません。
さらに赤字を繰越すことができないと言うデメリットも出てきます。
そして青色申告では可能な、家族従業員に対しての給与を経費で落とすことができません。
このように、青色申告と比較して節税ができないのが白色申告です。
一般的に税制上の優遇を受けたい場合は青色申告、手続きの簡素化を優先するのであれば白色申告となります。

関連ページ

フリーランス
在宅ワーク・SOHO
自営業
独立と起業
青色確定申告
雇用保険
年末調整
扶養控除
所得税
フランチャイズ
リボ払い
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
税務署
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ