税務署

税務署

税務署

税金と聞くと、税務署をイメージする人も多いのではないでしょうか。
確かに税務署は税金を徴収するだけの機関のような気がしますが、払いすぎた税金もきちんと還付してくれます。
税金の徴収と還付を行って、税の公正を保っているのです。このように税務署と言うのは、私たちの身近な存在でもあります。

 

■税務署は私たちと最も密接な関係があります

 

税務署と言うのは国税庁の下部機関として、国税局の事務の一部を分掌させるために設置した国の行政機関のことを言います。
税務署については「財務省設置法第24条」に規定があり、その規定によって設置されています。
税務署は国税を取り扱う省庁として活動を行っています。
国税に対して地方税がありますが、地方税は地方公共団体が徴収事務を行っています。
国税には様々な種類があります。所得税をはじめ、法人税や酒税、相続税や消費税、印紙税などです。
その他にも自動車税や固定資産税などもありますが、この場合所轄が国税ではなく、県や市町村になります。

 

税務署の上部機関である国税庁は、内国税の賦課徴収を行う行政機関として昭和24年に設置されました。
国税庁には国税庁本庁の他に全国に11の国税局と沖縄国税事務所、そして524の税務署が設置されています。
国税庁本庁は税務行政の執行についての企画・立案や、国税局と税務署の事務の指導監督も行っています。
税務署は国税庁や国税局の指導監督の下にあり、国税の賦課徴収事務を行う執行機関として、納税者と密接な関係を持った行政機関です。
まとめると、国税庁、国税局、税務署と言った組織体制になります。
そして個人事業主の方は、税務署に確定申告を行うことになります。

関連ページ

フリーランス
在宅ワーク・SOHO
自営業
独立と起業
青色確定申告
白色確定申告
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
雇用保険
年末調整
扶養控除
所得税
フランチャイズ
リボ払い
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ