利益に対してかかる国の税金

所得税とは、利益に対してかかる国の税金の事を指して言う言葉です。

 

会社員などの一般的な仕事をしている方は当然として、個人事業主にも支払義務が生じます。
税金には主に所得税・住民税・事業税・国民健康保険税が存在し、なかでも所得税は税務署への申告が必要となるため、ご注意ください。

 

会社などと違い、自分で計算する必要がありますから、面倒ではありますが、罰則を考えるとしっかりと納めておいた方がいいです。フリーランサーや在宅ワーカーの場合には、給料ではなく報酬と言う形で収入がありますが、勘違いしている人が多いのが在宅ワーカーには所得税がかからないのでは?と思っていることです。

 

在宅ワーカーにも所得税を納める義務は原則存在します。
個人事業主に該当する仕事ですから、必ず確定申告しなくてはいけないことをまず第一に知っておいてください。

所得税は国税であり、この国で生活している以上は必ず支払わなくてはなりません。
それは、会社員など雇用されている場合でも個人事業主などの個人であっても同様でどちらかと言えば、個人事業主の方が責任としては重くなります。

 

一定額の収入で安定感のある雇用に比べると、安定感がない個人事業主は損な面も正直多いです。
大きく稼げる可能性があると同時に失敗した時との差が大きすぎるのもリスクと言えるでしょう。
しかし、何かに縛られないという雇用にはない魅力と可能性を秘めた就業形態であることは間違いないです。

 

ただ、どのような形態で仕事をしていてもそういった義務があることは頭に入れておかなくてはならない事だと思います。
フリーランスをしている人も覚えておいてくださいね!

関連ページ

フリーランス
在宅ワーク・SOHO
自営業
独立と起業
青色確定申告
白色確定申告
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
雇用保険
年末調整
扶養控除
フランチャイズ
リボ払い
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
税務署
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ