扶養控除について

扶養控除とは、16歳以上の扶養家族がいれば受けられる所得控除のことを指します。

 

具体的には「1年間の合計所得が38万円以下であること」でありますので、
例えば、フリーランサーなどでこの条件に当てはまる人であれば、ご家族の方の扶養に入ることができます。

ただし、個人事業主には「103万円以内なら扶養を受けられる」というのは当てはまらない事を覚えておいてほしいと思います。
そもそもこの「103万円」という数字は会社務めやパートの方に適用されることで、給料ではなく「報酬」という形になる個人事業主は適用外となるのです。

 

給料には65万円以下、38万円以下なら家族の扶養に入れる、あわせて105万円以下となるわけですね。
給料については適用外ですから、大事なのは38万円以内に抑えることであるという事です。
また、個人事業主にとって経費とは自分自身の事ですから、事業に必要な費用はそのほとんどが経費として計上できることも覚えておくと良いでしょう。
個人事業主の所得は収入から経費を引いたものになります。その額が38万円を超えなければ、家族の扶養に入ることが可能なのです。

 

年間の稼ぎにもよることですが、このラインを大幅に超えることがないとすれば、38万円以下ということを計算して仕事をするのも一つの方法として有効となります。
個人事業主の中にはフリーランサーなど稼ぐのに苦労している方も少なくありません。
そういった方にとっては是非とも利用したい制度と言えるでしょう。

 

現在、こうした働き方が増えてきていますし、今後改正されることもあるかもしれませんね。
在宅ワーカーの方などは扶養控除にたいして誤解している人も多くいらっしゃいます。
正しい知識を身に着けておく必要はあるかと思いますよ。

関連ページ

フリーランス
在宅ワーク・SOHO
自営業
独立と起業
青色確定申告
白色確定申告
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
雇用保険
年末調整
所得税
フランチャイズ
リボ払い
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
税務署
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ