フランチャイズについて

フランチャイズは店の名前や商品を提供する権利などを提供し、対価を支払うことで成立する契約の事です。

 

 

現在ではコンビニが有名ですね。
ご存じの方も多いでしょうが、コンビニはその名前を借りていて商売しているところも少なくありません。
利用する側のメリットとしてはやはり名前を借りられることが大きいです。

 

個人事業において重要なのは、信頼であり、それを最も容易に手に入れる方法は名前が知られている人気店の看板を掲げる事とも言えるのです。

 

それがまず一つ、もう一つがノウハウを短期間で習得できることでしょう。
開業から実務に至るまでの過程を短期間で習得できるのも大きな利点です。

 

一方で、比較的簡単に参入できる反面、赤字であっても使用料(ロイヤルティー)を支払い続けなくてはならないリスクもあるので、良いことばかりではないのも確かです。

 

名前を借りることができるということで利用者側からするとネームバリューが重要になります。
また、企業イメージなどでも売り上げが左右されるために参入は簡単であるものの、安定感としては企業にもよりますが不安定と言えます。

 

ただ、上手く使えば個人事業として悪くない方法です。
人気店のフランチャイズなら売り上げも期待できますよね。
自営業などもそうですが、個人事業は見極めが大事になります。
フランチャイズなら立地条件などが重視されますし、需要があるかどうかも重要なポイントです!

 

利用される側からすれば、ロイヤリティーを支払ってくれればいいわけですから、稼げるかどうかを見極めるのは自分という事になります。

 

人気店の看板だから大丈夫だろうと安易な気持ちで参加するのは危険を伴いますので、簡単にできるとはいえ、マーケティング力が必要なのも確かな業種と言えるでしょう。

関連ページ

フリーランス
在宅ワーク・SOHO
自営業
独立と起業
青色確定申告
白色確定申告
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
雇用保険
年末調整
扶養控除
所得税
リボ払い
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
税務署
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ