個人と法人

独立と起業というのは言葉通りの意味で使われることが多く、独立はフリーランスなどが該当し、起業は自ら会社を起こす場合に用いられる言葉になります。起業する際には、自営業と会社設立、前者は個人になりますが、後者は個人と法人が存在しています。個人と法人の大きな違いは、責任の範囲です。

 

個人の場合は事業主が負うことになりますが、法人の場合は会社などの団体がその責任を負うことになりますね。独立して起業する場合の最大のメリットは束縛がないことでしょう。起業するのが自分ですので、誰かに縛られる心配がありません。その分、デメリットとして有事の際は自己責任になるということも留意しておく必要がありますね。自営業などはその典型例ですし、中小企業を起こす場合も同様の事です。

 

万が一の時に借り入れなどを行う場合でも、自分の名義で行うことになるのですから、それだけ責任が強くのしかかります。実際に起業してから数年で駄目になることも少なくありません。フリーランスにしてもそうですが、独立や企業に関してはとにかく自己責任という言葉が付きまとう事は覚えておいていただければと思います。

 

どちらにも該当することは成功すれば、高収入が可能であること、やりがい、自由といった面がメリットとして存在する事です。

 

現代社会では縛られることを嫌う人が多いですから魅力的な道だとも言えますね。しかし、デメリットを考えるとしっかりした経営のビジョンが見えてこなければ失敗する可能性も高いという事です。明確なビジョンと入念な準備、そして専門知識や高い意欲が求められるタイプの就業形態になりますので、自分次第といった側面が強く表れる事は覚えておいてください。

 

独立はともかく、起業は簡単な事ではありません!

独立にしても稼ぐためには信頼と実力が必要となるのは組織にいた頃と同じですので、そこは頭に入れておいてくださいね。

関連ページ

フリーランス
在宅ワーク・SOHO
自営業
青色確定申告
白色確定申告
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
雇用保険
年末調整
扶養控除
所得税
フランチャイズ
リボ払い
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
税務署
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ