青色確定申告のメリット

確定申告には、青色と白色の2種類が存在しており、一般的にフリーランスの人などで収入の少ない人は白色確定申告を、収入が多くなる人には青色確定申告をした方がいいと言われています。
その理由として、白色確定申告の場合には申請に手間がかからず、特別な知識も必要とはしないということが挙げられます。

 

一方、青色確定申告は手続きに面倒な点はありますが、白色に比べてメリットが多い制度です。具体的には、10万円、最大で65万円の控除を受けられる点にあるでしょう。控除額10万円の場合には単式簿記、65万円の控除を受ける場合には複式簿記と呼ばれるものが必要になります。単式簿記に関しては、入出金の記載がある帳簿、わかりやすく言えば家計簿のようなものですね。

 

 

複式簿記に関しては、単式に加え、取引内容も含まれることになります。ようするに現金を預金に預け入れた場合には持ち金は減りますが、預金は増えますよね?

 

そうした記載を行うのが、複式簿記だと言う認識で問題ありません。現在は会計ソフトなども販売されていますから、それほど難しくはなくなりました。ソフトを使用した複式簿記の入力はある程度の簿記の知識は必要となりますが、事業を行っているなら知っておいて損はないでしょう

 

控除額もかなりの差がありますので、事業主としては必須の知識になります。65万円の青色確定申告を行う場合には、「青色確定申告書」「貸付対照表」が必要となっています。会計ソフトで印刷することでも利用が可能ですから、是非、会計ソフトを使ってみることを検討なされてみてはいかがでしょうか?

 

 

事業主としての基本の一つでもあり、
知っておいて損はないことですから必ず行うようにしましょう。

関連ページ

フリーランス
在宅ワーク・SOHO
自営業
独立と起業
白色確定申告
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
雇用保険
年末調整
扶養控除
所得税
フランチャイズ
リボ払い
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。
税務署
個人事業主でも借り入れOK。総量規制対象外で最高300万円の大型枠。インターネットから24時間申込可能、さらに即日利用もできる個人事業主のためのカードローンです。

ホーム サイトマップ