源泉徴収漏れに注意

源泉徴収漏れに注意

源泉徴収の注意点

源泉徴収とは

源泉徴収とはその年度分の所得税を前払いすることですので、毎月給料を支払う側が基礎控除や配偶者控除などを計算した税額を給与等から前もって天引きします。中秋した税金の納入期限は所得が発生した月の翌月10日までです。源泉徴収した税金は税務署に納める義務がありますので、忘れずに納めないといけません。

 

源泉徴収するべき所得というのはいくつかあります。サラリーマンなどの給与や賞与をはじめとして、弁護士や税理士などへの報酬や作家やライターなどへの原稿料、公社債や預貯金への利息、株式などから生じる配当金、退職金などがあります。経営者としてはこういったものを支払う時には源泉徴収することを忘れないことです。。

 

源泉徴収をする時の注意点

源泉徴収をする時に注意してもらいたいのは源泉徴収税の徴収が漏れていたり、期限までに納めなかったりすることです。これらの場合は延滞税などのペナルティが課せられます。延滞税というのは法で決まられた納税の期限までに納めないことによって課せられる罰則です。罰則がかかるのは給与等を受け取る側なので、そういう人たちの迷惑が掛からないように正しく源泉徴収することが大切です。

 

延滞税は納税の期限の翌日から納付するまでの期間までを対象として日割り計算で利息が計算されます。具体的な計算の仕方は完納するべき税金に延滞税の税率と延滞期間をかけたものを365日で割ります。納税の期限から2ヶ月を超えるとさらに税率が高くなります。

 

納税漏れというのは余計な出費になりますので、漏れが無いように確認しないといけません。納税漏れとは反対に計算間違いなどによって多く納めすぎたとしても税務署は指摘をしてくれないので、自分自身でしっかりと計算するようにします。


ホーム サイトマップ