個人事業主専用のカードローン特集

事業計画書の作り方

全体構想

全体構想について事業計画書を書く時にまず書かないといけない項目として全体構想というものがあります。全体構想というのはやろうとしている事業の全体像について記載するものです。全体構想で書くべき内容というのは起業の動機や事業概要、市場環境、事業の将来的な目標、現在の課題の5つです。起業の動機起業の動機とは...

≫続きを読む

 

具体的な事業内容

具体的な事業内容とは事業計画書の中に盛り込む内容の中で具体的な事業内容というものがあります。これは全体構想の中で記載している事業概要を具体化するように記載していきます。具体的な事業内容となっているので抽象的ではなく具体的に書くようにします。書くべき内容ここで書くべき内容は事業内容と事業の特色(売りと...

≫続きを読む

 

資金計画表

資金計画表事業を行うのに資金がいくら必要かとか、いかに調達するかなどを検討するためにも資金計画表を作成します。自己資金だけですべて賄えるのであれば全然問題ないわけですが、そういう経営者ばかりではないでしょう。自己資金がいくらあって、足りない分はどうやって調達するのかということを資金計画表に記載します...

≫続きを読む

 

損益計算表

損益計算表損益計算表というのは会社の1年間の事業の儲けの予測を示すものです。作成する時には現実的に達成できそうな利息であることを念頭に置く必要があります。一番上に記載されるのが売上高で、客観性に基づく達成可能な数字を記載します。2番目には売上を上げるために直接かかった費用である売上原価を記載します。...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ