就業規則の作成

就業規則の作成

就業規則の作成について

雇用者と労働者での決めごとの締結

 

雇用者と労働者にとって、互いに労働条件でもめ事を起こさないために必要となることは、就労規則を設けることです。これは、労働基準法以外にも会社にはそれぞれの業種で特殊な立場や、業種ごとの決まりごと、会社ごとの労働環境に即して、法律の範囲内で会社側は就業規則を作ることができます。この就業規則では、当然ながら労働基準法に即した内容でなければならないため、一方的に罰金や労働者に不利益となるような解雇事由を盛り込むことはできません。

 

労働条件の明示の必要性

 

労働者にとって、労働条件の明示は当然ながら重要となるポイントの一つです。就労規則は雇用者側は作製した場合には、労働者が開示を要求したときには速やかに見せなければなからない、という決まりがあります。また、就業規則は労働者が働く上で必要と考えられることをまとめていなければなりませんから、一方的な内容となってしまえば、当然ながら改正、無効条件の対象となってしまうことが予想されます。

 

不利益な条件のチェック

 

労働環境に即した内容であることが重要なポイントとなるため、あまりに非現実的な条件の内容を盛り込むようなことは、労働者にとって不利益となる項目となることが予想されるため、注意しなければなりません。逆に労働者にとって妥当性がある事実であれば、互いに承服した内容となりますから、十分に規定に盛り込むことができます。このあたりの条件については、労働者の働く条件に即して決定しなければならない、ということを十分に意識をして規定をされるようにすることをお勧めします。また、就労規則は、労働効率や労働環境の安全のために配慮した規定を盛り込むことはまったく問題ありませんので、服装や規定、休日に過度の飲酒を禁じるなどは可能となります。


ホーム サイトマップ