労働基準法に従う

労働基準法に従う

労働基準法はしっかりと確認を!

労働基準法の明示

 

雇用契約をするためには、労働基準法を明示しなければなりません。これは、事前に労働者と雇用者で給与や労働時間などで互いが同意した事項に関して、法的な拘束力を持つために必要な事項です。実は労働基準法は法律で明示されているものの、労働者、雇用者がその法律の概要を知らないまま、雇用契約や給与などの受け渡しが進んでしまっている可能性があります。

 

36協定などの規定

 

労働基準法に関しては、36協定や採用労働制などの決まりごとがあり、これらの契約内容に添って、労働基準法は定められることになります。また、業種ごとに労働基準法の基準が求められており、その点を知らないと労働者に不利益を負わせることになりかねません。

 

労働者と雇用者の立場の違い

 

労働基準法が法律で定められているのは、一般的に契約に対しては、労働者は雇用者に比べて経済的にも、立場的にも弱い立場にあるため、その点を考慮して法的に整備されているという背景があります。労働基準法には労働時間や残業などに対しての割増賃金、連日の出勤日数の制限なども設けられており、雇用者が一方的な事由によって、過度に労働者に労働を押し付けることができないことになっています。
また、雇用契約に関しては、就労規則はもちろん、その他労働者に説明しなければならないことも、労働基準法では明記されています。特に、賃金や給与、有給休暇のような契約事項に関しては、互いに同意していなければ、のちにトラブルの原因となってしまいますから、互いにもめごとにならないようにするためにも、法的に法律を守る方向性を持つことが大切になるでしょう。一般的に「ブラック企業」と呼ばれる会社は、この労働基準法を無視して、営利を追求している企業を指しています。


ホーム サイトマップ